最近の人気記事↓

シボレーがレーザービームで走るとんでもない車を作った!

公開日: : 気になるニュース

i1ouhmRMVpzYF

こんにちは、@taksangenkiです。

車好きのだんしぃの皆さん、シボレーがとんでもない車を作りました。

Chaparral Racing 2X Vision Gran Turismo(シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモ)という車。

本当にすごいことになってます。

なんたってレーザービームですから!

i1JrF1OrWdhvaz

アメリカのテキサスにあるシボレーの開発部門としてレーシングカーなどの技術開発を行ってきた「シャパラル社」がこの車を開発しました。

デザインもとても先進的で、ドライバーはうつ伏せの状態で運転します。

さらに話題となっているのは、前代未聞のレーザー推進システムを搭載していること。車体中央に搭載されたレーザービームユニットから光のビームパルスが発射され、それによって発生する衝撃波が推進力となるシステムなんだそう。

レーザービームってもう心踊っちゃいますね。トップスピードは384km/h、0-100km/hの加速に必要な時間はなんと1.5秒という無茶苦茶っぷり。燃料ではなくリチウムイオンバッテリーを採用しています。

コーナリング性能も良く、独立したエアロシステムがコーナリング中のダウンフォースを上手く発生します。

様々な制約から解放し「かつてない爽快なドライビング体験を実現する」というコンセプトで開発されたシャパラル 2X。もっとも技術開発が進んでいる航空宇宙工学も利用されています。

これ誰でも運転できます。

gran-turismo-logo

もちろん現実ではなくてゲームの中ですけどね。

PS3ソフト、グランツーリスモ6の冬に予定されているアップデートでこの車両が登場します。

シャパラル 2Xの加速感、コーナリング感、見える世界を体験してみてください!

ちなみにシャパラル 2Xの古スケールモデルが11月30日までロサンゼルス自動車ショーに展示されています。

 

ソース:Gran Turismo.com