最近の人気記事↓

ついにここまできたか!自分のチケットを持って搭乗したロボットがアメリカからドイツに渡る

公開日: : 気になるニュース

2413F98400000578-2875942-LAX_Airport_s_official_Twitter_feed_documented_the_event_It_wrot-a-1_1418803814423

こんにちは、@taksangenkiです。

世界のHONDAが開発した自立歩行ロボット「ASIMO」が走るようになったというニュースを見て驚いた記憶がありますが、最近のロボット事情は私たちの想像を超えるとんでもないところまでいっているようです。

なんと、ロボット自身が航空チケットを所有して飛行機での空の旅をしてしまったようです。
ノーベル物理学賞の青色LEDで変わった日常生活にある物とは?

ロボットの名前は「Athena」由来はギリシャ神話の女神。

2414B5CF00000578-0-image-a-7_1418729651524

車椅子に乗ってT-シャツを着せられたロボット「Athena」は開発者であるHerzog氏と一緒に空港へやってきました。事前にtwitterでこの情報を知った多くのメディアや一般の人たちが一目見ようと空港に集まるほどの注目となっているようです。

たまたま乗り合わせた乗客もこのような珍客には驚きがかくせないよう。

乗客なのでもちろんチェックインカウンターを通ります。基本的に貴金属を持ったままセキュリティゲートを通ると「はい検査しまーす」って金属探知機を当てられますよね。「Athena」はもろ金属ですが、そこらへんはどうしたんでしょうか?気になる!

そして飛行機に乗り込んだら通常のシートに座ります。もちろんシートベルトなどの保安装置もしっかりやってましたよ。

そもそもなんで飛行機に乗ったのか?

2413AFB200000578-0-image-a-6_1418729651521

インタビューによると、Herzog氏は「Athena」の開発のためにドイツへ輸送することにしたのですが、貨物よりも乗客としての輸送費の方が安かったからだそうです。

というのが今回の騒動の理由でした。

ドイツでは自立歩行の開発も行うようなので、次は車椅子ではなく自らの足で飛行機にのることができるかもしれませんね!

ソース:GigazineDailymail