最近の人気記事↓

正式決定!2015年5月以降の新端末にSIMロック解除の義務化が決定。実はメリットだけじゃない?

公開日: : 気になるニュース

telephone-sim-cards

こんにちは、@taksangenkiです。

総務省は、2015年5月以降に発売される新機種に対して「SIMロック解除」を義務化することを正式に決定しました。

そこで私たちユーザーのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。
2015年からロシアでiPhoneの使用が禁止される法律が施行される!?

メリット

8a85e6d58d5a98c26697d358f3887f8d_s

これまでは例えばA社で購入した携帯はA社の通信回線のみでしか契約使用することができませんでした。どの携帯にも必ずSIMカードというものが入っています。A社の携帯ならA社のSIMカードのみを使用できる。いわゆるこれがSIMロックというものです。

 

SIMロックの解除が行われると、携帯はどの通信キャリアでも使用することができるようになります。「携帯はA社で買って通信回線はエリア範囲の広いB社で契約しよう」みたいなことができるわけです。他にも海外に行った際に、現地の通信会社と別に契約して、海外にいる間はその回線をしようすることができます。

私たちユーザーにとって選択の自由度が一気に広がることになることは大きなメリットとなりますね。

デメリット

e9e094b540333db9094a2070e9f837d5_s

各通信キャリアが問題視している点として「通信規格が違うことによる弊害」が考えられます。

これまでは、自社が販売している携帯は自社のみの通信規格に対応していれば問題なかったのですが、キャリアを自由に選べるということは、全ての通信キャリアの通信規格に対応される必要があります。

通信会社はどこまでの範囲までを対応されるのか、またその他SIMロック解除にともなう新ルールについて今後協議していくことになります。

 

ちなみに各キャリアは「100%の通信保証ができない」ということを述べているので、ユーザーはその点について慎重に選ぶ必要があります。つまり「以前の通信キャリアで使えていた機能が使えなくなる」という可能性もあるということ。現状のままでは安易に通信キャリアを変更することは望ましくないということなのかもしれません。

今後この問題について何かしらの打開策が出ることを期待しましょう。

 

以上SIMロック解除に関するメリットとデメリットを考えて挙げてみましたが、問題の多くはユーザーよりも通信キャリが解決すべきことであります。SIMロック解除によって生まれる変化に期待しながら2015年の5月を待ってみようかと思います。

 

ソース:朝日新聞