最近の人気記事↓

雪山に行こう!自分の滑ったルートを記録できるアプリ「Ski Tracks」がオススメ!

公開日: : アプリ

SKI TRACKS LITE - GPS TRACK RECORDER

こんにちは、@taksangenkiです。

現在北海道のとあるスキーリゾート地で生活している私です。

最近かなりブームと言ってもいいほどに「パウダースキー」に魅力を感じる方が増えてきているように感じます。

この場所は特に良質なパウダーがスキー場内外で味わえるということで毎シーズン多くの方が滑りにきています。

今回紹介するアプリ「Ski Tracks」は、「スキー場じゃ物足りない!やっぱりスキー場の外に飛び出してバックカントリーでしょう!」なパウダージャンキーな方に特にオススメですが、もちろんスキー場での使用でも使えます。
iPhoneで奥行きのある写真に編集しよう!斜め文字を入れられる無料アプリ「PERSTEXT」がオススメ!

自分の滑ったルートや標高差など多くの情報を記録することができる

このアプリはGPSを使用し、自分の滑ったルートを記録することができます。

IMG_4189

アプリを開くとこの画面が表示されます。これで準備は完了で、あとは画面右下にある「START」をタップすると記録を開始します。一時停止機能もあります。

記録終了し、保存する場合は「SAVE」をタップするだけでOK!

それではどんな感じに記録されたのか見てみましょう。

IMG_4190

記録したものを確認するには、画面下にあるメニューから「Ski Tracks」をタップすることで見ることができます。日付ごと、シーズンごとや、レートごとの表示切り替えが可能なので、目的のものを探すのにも困ることはないでしょう。

IMG_4191 IMG_4192 のコピー

これは実際に僕が記録したルートです。

三角形のマークがスタート地点で、雪のマークが終了地点となっています。実際の地図上にルートが表示されることで、視覚的にどのようなルートを辿ったかがわかりやすくなっているのでグッド!

たくさん数字が表示されている画面は、高低差や最大斜度など、そのルートのプロフィールとなっています。標高に関しての記録はそこそこ正確なことを確認していますが、最高速度はちょっと真に受けないほうがいいかもしれません。だって84km/hで滑ったら僕すっとんじゃうもん。笑

プロフォールから地図へ表示切り替えは「地球マーク」をタップすることで可能です。

 

このアプリの賢いところは、リフトに乗った時「リフトに乗った」として記録してくれるところ。使用者の移動速度などから判断できるそうです。なので、スキー場で記録すると、どこのコースを滑って、どう移動しているかが記録されるので、使い方の幅はバックカントリーに限らず広いと思います。

また、「ここ最高の斜面だった!でもどこだっけ?」ってこともその地形になれないうちは多いかと思います。そんな時に便利なのがこのアプリ。仲間との情報共有にも使えますね。

ちなみにこのアプリは無料版と有料版があり、無料版のLITEではルートの保存件数が最大4件までとなっています。有料版であればこの制限が解除されます。

スキーシーズンもハイシーズンに突入しました。みなさま楽しく安全なスキーをお楽しみください!
SKI TRACKS LITE – GPS TRACK RECORDER App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料
SKI TRACKS – GPS TRACK RECORDER App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: ¥100