最近の人気記事↓

シャーペン革命!極細シャー芯でも驚くほど折れないペン「orenz」が返金キャンペーンを実施

公開日: : 気になるアイテム

2015-01-13 23.40.55

こんにちは、@taksangenkiです。

僕が学生のころ、普段はだるーと思いながら板書をしていた授業でも、新しいシャーペンを買ってすぐの授業は不思議とやる気マックスになりました。

「このシャーペンの書き味はどんなもんなんだ?早く使ってみたい!今日ならいくらでも黒板に書きやがれ!」みたいな感じに。

最近ではめっきり文字をシャーペンで書くことが減り、適当に手元にあったものを使っていましたが、今久々に本気で使ってみたいシャーペンを見つけてしまいました。

それはPentelから販売している「orenz(オレンズ)」という商品。

最大の特徴は極細芯でも折れない!

「オレンズ」はシャーペンの芯として極細の0.2mmか0.3mmのシャーペン。細かく小さい字を手帳などに書く機会の多い学生、特に就活生や社会人におすすめです。

何がすごいって、普通0.2mmの芯で書いたらちょっと力の加減を間違えると「ぽきっ」と折れてしまいますが、「オレンズ」は驚くほどに折れずに書くことができます。

その秘密は「芯を先端から出さない」ということ。

これでは何を言っているかわからないと思いますので、こちらの画像で説明します。

orenz_01_01hosoku02 orenz_01_01hosoku01

オレンズでは従来のシャーペンのように、先端パイプから芯が飛び出ている状態では書きません。芯がパイプから出ていない状態が正しい使い方です。

これでは書けないじゃん!って普通は思いますよね。

orenz_01_02hosoku01orenz_01_02hosoku02

この先端パイプに大きな秘密が隠されています。

パイプの先端は角が丸く形成されており、紙に引っかかることなくスムーズに動かせます。また、先端からほんの少し芯を露出させることにより細い芯でも折ってしまうことなく書けるということ。

そして、芯の減りに合わせて先端パイプが自動で短くなっていくことで、同じ書き味を続けることができます。

これらが「オレンズ」の秘密でした。なるほど、確かにこれなら折れにくそう。

もし折れたら返金キャンペーンを実施中!

2015年1月13日〜3月31日まで、オレンズの0.2mmあるいは0.3mmを上記の方法で正しく使用していた最中に万が一芯が折れてしまった場合は、専用用紙に購入レシートを貼り付け商品を封筒に入れ、事務局に送ると返金できるキャンペーンを実施しています。

公式キャンペーンサイト

今ご使用中の相棒にマンネリ感を感じている方、ちょっと気分を変えてみるためにこの超極細シャーペン「オレンズ」を試しに使用してみてはいかがでしょうか?
iPhone 6を4回分!小型の大容量モバイルバッテリー「cheero Power Plus 3」が発売

ソース:Pentel