最近の人気記事↓

知らないうちに法律違反をしてるかも?これによりクロネコメール便が廃止されることが決定!

公開日: : 気になるニュース

yamato1

こんにちは、@taksangenkiです。

サイズの小さいものを送るのに便利だった配送サービス「クロネコメール便」が2015年3月31日をもって廃止となることが決定しました。

利便性の高いサービスで、利用者も多くいたはずなにになぜ廃止にするのか、その理由は「信書」に関する法律が関係しているようです。

知っていた?信書をメール便で送ると法律違反!

手錠

今回の件で問題となっているのは「信書」の取り扱いについてです。

そもそも信書とは「特定の受取⼈に対し、差出⼈の意思を表⽰し、⼜は事実を通知する⽂書」と定義されていますが、これだけでは何のこっちゃです。

例えば、免許証や履歴書、結婚式などの招待状などが信書にあたります。

非信書となるのは、企業から送られるカタログやダイレクトメールなどのものを指します。

 

郵便法という法律により、信書をメール便で送ることを禁止しています。このことについて知っている方はとても少ないのではないでしょうか。実際に僕も初めて知りました。

事実、クロネコメール便で信書にあたる文章を知らずに送ってしまったがために、差出人が郵便法違反容疑で書類送検や警察から事情聴取を受けたケースが2009年以降から8件あったようです。

信書・非信書という定義も曖昧で、違反してしまった時に罰せられる対象が受け付けた企業ではなく個人となってしまうところも問題です。

今後もサービスを提供することにより、知らずに法律違反をしてしまう顧客を出さないためにも今回クロネコメール便を廃止することに決めたそうです。

 

4月1日から、代替サービスとしてパンフレットやダイレクトメールなど「非信書」に限定した「クロネコDM便」と名称を変え、料金体系も見直されてサービス提供されるようです。

また、個人や法人がサイズの小さい荷物を送る宅急便サービスも充実させ、利便性を損なわないように対応すると発表しています。

 

今回の件で、郵便法という身近なものでも全然知らなかった事実が注目されることになりました。

たとえ知らなかったとしても差出人が罰せられてしまうので、意識して気をつけたほうがよさそうです。

 

正式決定!2015年5月以降の新端末にSIMロック解除の義務化が決定。実はメリットだけじゃない?

 

ソース:ヤマト運輸