最近の人気記事↓

14年前に発売した初代iPodが、最新のiTunesで同期が可能であることが確認された!

公開日: : Apple

2015-02-13 22.23.17

こんにちは、@taksangenkiです。

今から14年前に販売された初代iPodが、最新のiTunes 12.1と同期が可能である驚きの結果が確認されました!

今から14年前に発売された初代iPodが使える!

初代iPodはマッキントッシュ専用のデジタルオーディオプレイヤーとして発売されました。この時にはまだWindowsには対応しておらず、第2世代のiPodで初めて対応しました。

今では普通にMacとWindows両方で使えるので、当初はマッキントッシュ専用ということを知らない人も多いのではないでしょうか。

2015-02-13 22.24.31

初代iPodの充電と同期にはAppleが開発した「FireWire(IEEE 1394)」という規格で行われていました。FireWireがPC側で対応しているかどうかで、iPodと接続できるかが決まっていました。

2015-02-13 22.39.05

実際にMacと接続して確認してみます。

2015-02-13_22_26_50

最新版iTunesを起動してみると、このようにしっかりと「初代iPod」として認識していることがわかります。

ちなみにiTunesの方がiPodよりも役9カ月先に発表されています。初代iPodと同時にiTunes 2が発表されました。実は同時ではなかったんですね。

 

というわけで、初代iPodは最新のiTunesでも同期が可能であることがわかりました。

今でも現役で使っている人がいるのかどうかわかりませんが、14年前の商品までもカバーし続けるAppleの対応には驚きです。

ソース:9to5 Mac

iPhone5sの指紋認証が壊れたのでAppleのGenius Barに行ってきた。